NPO法人土佐の森・救援隊 公式blog
by tosanomori
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
27/学童森林環境教育チーム..
at 2015-10-16 20:13
森林塾で自伐林業学ぶ(高知新..
at 2015-09-24 19:21
第7回高知県副業型自伐林家養成塾
at 2015-08-20 20:00
自伐型林業の勉強会・研修会
at 2015-08-09 04:53
土佐の森資料(NPO法人土佐..
at 2015-07-30 05:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

NPO法人土佐の森・救援隊は・・・

a0051539_552315.jpg
 高知県内の森林等を対象に、適正な森林整備を推進することにより、環境の保全・向上に資するとともに、社会経済活動へも積極的に参画・貢献し、さらに森林愛護や自然保護の啓発に関する事業もあわせて行い、もって公益の増進に寄与することを目的に様々な実践活動を続けています。

 中でも、「自伐型小規模林業」の復活・再生を目論み、副業型森業の再構築による林業再興や森林県高知だからできる脱温暖化に向けた自然(森の)エネルギーの活用促進、森林整備から生まれる地場産品を活かした高齢者福祉コミュニティビジネス(福祉と環境活動の融合)の拡大にむけた活動などに力を注いでいます。

 【写真】多くの仲間達と・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[資料]

■自伐型小規模林業とは・・・

d0333343_19132375.jpg
 限られた森林の永続管理と、その限られた森林から持続的に収入を得ていく林業です。森林の経営や管理、施業を自ら(山林所有者や地域)行う、自立・自営型の実に普通の林業です。収入アップのためには、木材の質の向上や、森の多目的活用を目指すため、森を良好に維持していくことは必須条件となります。故に収入をあげる施業と良好な森づくりを両立させる、地域に根ざした非常に優れた環境保全型林業といえます。(「自伐型林業推進協会設立趣意書」より)

ブログ:自伐型林業

 「自伐型林業」の推進については、新たに「NPO法人持続可能な環境共生林業を実現する自伐型林業推進協会」を立ち上げ、全国的な運動として展開しています。

 さらに自伐林業とは、昔は当たり前であった自分の山は自分で管理する(自伐林家)、一人で出来なければ寄り合い<結い>で行う(他伐林家)林業のこと。

 辞書に寄れば、<結い>とは労働力を対等に交換しあって田植え、稲刈りなど農の営みや住居など生活の営みを維持していくために共同作業をおこなうこと、もしくはそのための相互扶助組織のことをいう、とあります。以前はこの林業(山仕事=林の営み)における寄り合いが森林組合であったように思われますが、国策に沿った営利追求業者請負型の経営を強いられる森林組合は「自伐型小規模林業」の対極にある「業者請負型大規模林業」をがむしゃらに推進する企業体になっている感がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■福祉と環境活動の融合(薪の宅配事業/福祉的商業活動)とは・・・

a0051539_5531410.jpg
 限界集落が増加することが予測される中山間地域では社会コミュニティが崩壊(「結い」が成立しない社会=限界集落)、高齢者夫婦や独居老人世帯の生活が成り立たず孤立死など大きな社会問題となり、日常の支え合い活動の体制づくりが急がれています。

 一方、多くの中山間地域の高齢者世帯では今でも“薪”を使った生活が営まれていますが、昨今、日常生活の中で薪調達がかなわないなど、これまでの生活行動が崩壊し、長年住み慣れた地を「終焉の棲家」にすることすら困難な状況となっています。

 NPO法人土佐の森・救援隊では、今も、限界集落に在宅し、懸命に生きている高齢者たち(田舎から都市部へ出て、現代日本の社会・経済を支えてきた人たちの父母であり、祖父母です。)の日々の生活の一助となるようにと、NPOにできることとして「限界集落対策」を企画・実践することにしました。

 行政や福祉・介護団体との協働のもと地域で支えるソーシャルビジネス活動と、森林県高知として独自の自然エネルギーとなる脱温暖化対策を意識した“薪”エネルギーの普及活動を融合させた薪の宅配事業(福祉と環境活動の融合)を平成22年度より開始、現在に至っています。(現在、「第6次限界集落在宅高齢者薪の宅配サービス」を実施中。)
【写真】都市森林

◆提言:森林環境税と限界集落対策

NPOにできること

・限界集落在宅高齢者薪の宅配サービス:計画と実績 
(現在/2014.7実施中の第6次は平成26年8月末まで、9月から第7次を予定しています。)

 「福祉と環境活動の融合」事業の推進については、新たに「土佐の森グループ」としての実践・実働組織「森援隊」「木の駅ひだか」「薪倶楽部」を立ち上げ、森林ボランティア運動として展開しています。
[PR]
by tosanomori | 2014-07-11 05:57