NPO法人土佐の森・救援隊 公式blog
by tosanomori
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
27/学童森林環境教育チーム..
at 2015-10-16 20:13
森林塾で自伐林業学ぶ(高知新..
at 2015-09-24 19:21
第7回高知県副業型自伐林家養成塾
at 2015-08-20 20:00
自伐型林業の勉強会・研修会
at 2015-08-09 04:53
土佐の森資料(NPO法人土佐..
at 2015-07-30 05:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

視察及び研修生の受け入れ(NPO法人土佐の森・救援隊)

d0333343_18254443.jpg
 近年、NPO法人土佐の森・救援隊への視察・研修が増加しています。
【写真】新藤前総務大臣が自伐型林業を視察(2013.7.8/高知県いの町)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■視察及び研修生の受け入れ

 視察については、事務局(四宮局長/090-8794-1141)が窓口になり、一元的に受け入れ態勢を整えています。

 なお、「自伐型林業」の視察については事務局で全面的に対応をしていますが、視察者の意向により「土佐の森方式<モリ券システム、NPV活動、軽架線、薪の宅配事業など>」に特化した視察については「木の駅ひだか」(片岡駅長/090-4975-6230)が対応する場合があります。

 研修については副業型自伐林家養成塾土佐の森研修会軽架線研修会などで正式に「特別研修生」として受け入をしていますが、単発的に個人・団体での研修申込みも可能な限り「一般研修生」として縷々受け入れをしています。研修の申込みは事務局(四宮局長/090-8794-1141)へ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[資料]

◆「自伐型林業」の視察について(モデルコース)

初 日:座学(自伐型林業の理論と実践)

2日目:現場視察2か所(始めて3年の若手自伐林家<佐川町谷岡宏一氏>、林業の6次産業化を目指す自伐林家<いの町安藤忠広氏>)。時間的余裕があれば佐川町のキコリンジャーを視察すればよろしいかも。

3日目:現場視察1か所(理想的なベテラン自伐林家<徳島県橋本林業>)

(この内容ですと、視察目的がほぼ達成できます。)

 なお、宿泊は初日は高知県いの町の「かんぽの宿伊野」、2日目は橋本林業の近く(四季美谷温泉)がお勧めです。視察料ですが、座学(3万円/団体)、現場視察(千円/1人1箇所)です。(NPO法人土佐の森・救援隊理事長中嶋健造)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「土佐の森方式」の視察について(一般研修生)

 福島県の田村市からはるばる土佐の森方式軽架線の研修に訪れた久保さん。もともと岩手県の森林組合に勤務していたが、さる4年前の大震災を契機として何とかしたいと福島県に引越し奮闘している若者だ。

 NPO法人土佐の森・救援隊が東北支援の一環で近隣の宮城県や岩手県で実施している現地版(出前)副業型自伐林家養成塾で軽架線のノウハウを学ぶチャンスはありますよ、と事前にメールでやり取りしていたが、直接「土佐の森方式」を現地で学びたいと、長駆来高した次第。研修内容・日程などは「木の駅ひだか」が対応。

 6月22日に佐川町の「司牡丹の森」でのNPV活動に参加していただき、みっちりと研修してもらったが、数日後、お礼のメールが届いたのでご紹介します。(木の駅ひだか駅長片岡正法)

ーーーーーーーーーーーーーーー
[参考]

◆司牡丹の森での活動(6月22日/月)
a0051539_18515340.jpg

a0051539_18524348.jpg 参加会員は8名+一般研修生が1名(久保/福島県)。

 軽架線(第2軽架線)を新たに架設しての搬出活動。

 急傾斜地で足場の条件が悪く、作業は苦戦の連続。で、2トンほどのA・C材の搬出しか出来なかったが、全て搬出材を「木の駅ひだか」へ搬送。

 片岡氏の華麗なるユンボ操作技術により、ミニ作業道が完成。林内作業車が第2軽架線のアンカーの所まで行けることに。作業効率が大幅にアップしました。

【写真/右】足場の悪い第2軽架線。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[メール]

a0051539_49135.jpg
 先日は、軽架線の勉強をさせていただき、ありがとうございました。23日に姫路、24日に京都を周ってログハウスや山と里のつながりを勉強し、25日に帰宅しました。

 土佐の森方式軽架線の能力を実際に体験することができ、とても貴重な時間でした。延長100メートルを集材でき、相当な大きな材まで揚げられることに驚きました。

 みなさまにとても親切にしていただき、嬉しかったです。

 話はそれますが私は坂本龍馬の「世の人は 我を何とも 言わば言え 我が成すことは 我のみぞ知る」という言葉が大好きで、私の座右の銘です。京都で、坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓を詣でたこともあります。

 土佐はいいところだと、心底思いました。

 「軽架線の様々な利用方法」また「NPO活動(土佐の森方式)」と「自伐型林業」の違いもしっかりと学ぶことができました。そのことは、これから私がやろうとしていることの方向性を考える上で、とても参考になりました。

 またご指導をお願いする機会もあろうかと思います。その時には、何卒よろしくお願い申し上げます。

 この度の研修/体験、本当にありがとうございました。皆さまにもよろしくお伝えくださるよう、お願い申し上げます。(久保優司)

 追伸 帰りに、綱屋産業に寄り、岡崎常務に会いました。軽架線の注文ではなく、顔つなぎをしました。片岡さんの紹介でと話したので、親切にしていただきました。
【写真】ミーティング時に挨拶する久保さん。右側は林内作業車の操作指導した田植さん&助手の宇都宮さん。
[PR]
by tosanomori | 2015-07-17 02:13